わが国が少子・高齢化を迎え老人の介護が社会問題となる中で総合的で一体的な介護対策が求められていました。介護保険はこれまでの医療と福祉に分かれていた老人介護の施策を再編し、介護の必要な人が自らの選択でより良いサービスを利用するための新たな社会システムとして構築されました。

 40歳以上の全国民が介護保険の被保険者となります。65歳以上の方を第1号被保険者、40歳以上65歳未満の方は第2号被保険者とに区分されます。

 介護保険を実施する保険者(主体)は各市区町村であり、健康保険組合は健康保険に加入している方のうちお勤めになっている第2号被保険者の保険料の徴収を代行して徴収しています(全額市区町村に渡ります)。なお、第2号被保険者である被扶養者には保険料はかかりません。
 
したがって、介護保険制度の詳しい情報等はお住まいの市区町村の取扱い窓口でおたずねください。

 なお、介護保険料に関することは、当組合へお問い合わせください。

戻る